Post Carousel – Style 1

法人向け安否確認サービスのトヨクモ、上場初日は取引成立せず。最終気配値は公募価格2.3倍の4,600円

法人向け安否確認サービスを提供するトヨクモは24日、東証マザーズ市場に新規上場した。上場初日は買いが膨らみ、前場、後場ともに買い気配のまま取引を終えた。

新規上場のまぐまぐ、上場初日は初値がつかず、買い気配のまま取引終了

24日、メールマガジン配信サービスの老舗まぐまぐがジャスダック市場に新規IPOした。取引開始から買いが膨らみ、買い気配のまま前場、後場の取引を終えた。

グローバル・ブレイン、三井不動産と共同で総額85億円の2号ファンド設立

独立系ベンチャーキャピタルのグローバル・ブレインは16日、三井不動産と共同で総額85億円のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)ファンド「31VENTURES Global Innovation Fund 2号」を設立したことを明らかにした。

ベンチャーキャピタルのFVC、投資先KIYOラーニングの株式売却で投資事業管理収入8,200万円を計上

ベンチャーキャピタルのフューチャーベンチャーキャピタルは15日、投資先の7月15日に東証マザーズへ上場したKIYOラーニングの株式売却により、8,200万円の成功報酬が発生したと発表した。

建設現場向け結束作業ロボット開発の建ロボテック、総額2億円を調達。モバイルインターネットキャピタル、中国銀行など

建設現場向け鉄筋結束作業ロボットの開発、販売を行う建ロボテックは15日、グローカリンクとモバイルインターネットキャピタルからの出資に加えて、中国銀行、商工組合中央金庫による長期融資も合わせた総額約2億円の資金調達を行ったと発表した。