Post Masonry – Style 1

法人向け安否確認サービスのトヨクモ、上場初日は取引成立せず。最終気配値は公募価格2.3倍の4,600円

法人向け安否確認サービスを提供するトヨクモは24日、東証マザーズ市場に新規上場した。上場初日は買いが膨らみ、前場、後場ともに買い気配のまま取引を終えた。

新規上場のまぐまぐ、上場初日は初値がつかず、買い気配のまま取引終了

24日、メールマガジン配信サービスの老舗まぐまぐがジャスダック市場に新規IPOした。取引開始から買いが膨らみ、買い気配のまま前場、後場の取引を終えた。

グローバル・ブレイン、三井不動産と共同で総額85億円の2号ファンド設立

独立系ベンチャーキャピタルのグローバル・ブレインは16日、三井不動産と共同で総額85億円のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)ファンド「31VENTURES Global Innovation Fund 2号」を設立したことを明らかにした。

ベンチャーキャピタルのFVC、投資先KIYOラーニングの株式売却で投資事業管理収入8,200万円を計上

ベンチャーキャピタルのフューチャーベンチャーキャピタルは15日、投資先の7月15日に東証マザーズへ上場したKIYOラーニングの株式売却により、8,200万円の成功報酬が発生したと発表した。

建設現場向け結束作業ロボット開発の建ロボテック、総額2億円を調達。モバイルインターネットキャピタル、中国銀行など

建設現場向け鉄筋結束作業ロボットの開発、販売を行う建ロボテックは15日、グローカリンクとモバイルインターネットキャピタルからの出資に加えて、中国銀行、商工組合中央金庫による長期融資も合わせた総額約2億円の資金調達を行ったと発表した。

ソフトバンク、 英Arm全株式を半導体大手の米NVIDIAに315億米ドルですべて売却

ソフトバンクは14日、子会社のソフトバンクグループキャピタル(SBGC)とソフトバンクビジョンファンド(ビジョンファンド)が保有する半導体設計子会社の英 Arm の全株式を半導体メーカー大手の米NVIDIA Corporationに 315億米ドルで売却する方針を決めた。

はてな、2020年7月期最終利益は前期比41.8%減。人材採用、サービス管理コスト増加が重荷

はてなブログなどのインターネットサービスを展開するはてなが11日に発表した2020年7月期最終利益は前年同期比41.8%減の1億9,000万円だった。

ラクスル、2020年7月期最終損失4.9億円。五反田オフィス解約で月400万円コスト削減へ

印刷、物流のシェアリングプラットフォーム運営のラクスルが10日に発表した2020年7月期決算は、最終損失4億9,400万円だった。

DNX Ventures、約330億円の3号ファンド組成完了。日米スタートアップへ投資を積極化

DNX Venturesは9日、2019年3月に設立したベンチャー投資ファンド「DNX Ventures Fund III(以下3号ファンド)」の組成を8月に約330億円で完了したことを明らかにした。

医師コミュニティサイトのメドピア、マザーズから東証一部へ市場変更承認

東京証券取引所は8日、東証マザーズ上場のメドピアを15日付けで東証第一部へ市場変更を承認した。

SHIFT、ERP 導入支援のホープスを30億円で子会社化。サービス体制強化へ

ソフトウェアの品質保証・テスト事業を展開するSHIFT<3697> は7日、ERP 導入支援などを手がけるホープスの株式1000株を約30億円で取得、100%子会社化する方針を固めた。

みなと銀行、ミドル・レイター向け総額5億円のベンチャーキャピタルファンド設立

関西みらいフィナンシャルグループのみなと銀行は1日、みなとキャピ タル、りそなキャピタルと共同で総額5億円のベンチャーキャピタルファンド「みなと成長企業みらいファンド2号投資事業有限責任組合」を設立したと発表した。