Now Reading
エプソンがCVC設立。総額50億円のベンチャー投資へ

エプソンがCVC設立。総額50億円のベンチャー投資へ

 

セイコーエプソンが50億円のベンチャー投資ファンドを立ち上げ、ベンチャー投資に乗り出す。1日、同社はベンチャー投資を行うCVC子会社「エプソンクロスインベストメント」を3月16日に設立したことを明らかにし、事業を開始した。資本金は1億円。

エプソングループが99%出資し、コーポレートベンチャーファンドを組成。国内外のベンチャー企業に投資を行う。ネラルパートナーには独立系ベンチャーキャピタルのグローバル・ブレインを迎える。

セイコーエプソンはM&Aやベンチャー企業との資本提携など、過去10年間で約100億円の投資を行ってきた。今回のCVC子会社の設立には、迅速な意思決定、投資実行による同社が掲げるオープンイノベーション戦略を加速させる狙いがある。


 
| DATA BASE |  
エプソンクロスインベストメント    グローバル・ブレイン   

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top