Now Reading
プレスリリース配信のPR TIMESが東証一部から二部へ指定替え猶予期間入り

プレスリリース配信のPR TIMESが東証一部から二部へ指定替え猶予期間入り

 

東京証券取引所は10日、東証一部上場のPR TIMESが同社事業年度末である 2020年2月末時点の株主数が2,000 人を満たさなかったとして、有価証券上場規程施行規則に基づき、東証市場第二部への指定替え猶予期間入りしたと発表した。猶予期間は2020年3月1日から2021年2月28日まで。同猶予期間中に株主数が2,000 人を超えた場合は、解除される。

PR TIMESは2005年12月設立。プレスリリース配信サービスを運営。2020年2月時点の利用企業社数は36,717社。2016年3月に東証マザースへ上場し、2018年8月に東証一部へ市場変更した。2020年2月期の業績は売上高28億9,100万円(前期比26.5%)、営業利益5億6,000万円(前期比8.1%)、純利益3億2,100万円(前期比2.4%)だった。

 
| DATA BASE |  
株式会社PR TIMES       

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top