Now Reading
独自開発AIアルゴリズムとAIサービス提供のエクサウィザーズ、12月23日東証マザーズ上場へ。売上26.1億円、純損失​△5.9億円

独自開発AIアルゴリズムとAIサービス提供のエクサウィザーズ、12月23日東証マザーズ上場へ。売上26.1億円、純損失​△5.9億円

 

東京証券取引所は18日、企業のデジタル、AI化を行うエクサウィザーズの東証マザーズへの新規上場を承認した。上場予定日は12月23日。

エクサウィザーズは2016年2月に資本金100円で株式会社エクサインテリジェンスとして設立。独自開発のAIアルゴリズムと、さまざまなAIサービスの開発、提供を行い、企業のデジタル、AI化を推進する事業を展開する。

現在、コンサルティングをはじめ、AIアルゴリズム開発、サービス設計、顧客業務プロセスへの実装までの一連のソリューション提供など、年間250件を超えるプロジェクトを手掛けており、これらを通じて得られるノウハウ をAIプラットフォーム「exaBase」としてデータベース化し、共有、利活用する仕組みが同社の強み。金融や製薬、製造、電力、通信、物流、不動産などさまざまな業界の大企業が顧客となっている。

直近の業績は、2021年3月期売上高26億1,294.4万円、経常利益△4億5,134.5万円、純利益​​△5億9,268.8万円だった。

 
| DATA BASE |  
株式会社エクサウィザーズ       

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top