Now Reading
ビッグデータ活用データマーケティング展開のTrue Data、​​東証マザーズ新規上場。初値は公開価格 1.35%上回る2,250円。資金吸収額31.4億円

ビッグデータ活用データマーケティング展開のTrue Data、​​東証マザーズ新規上場。初値は公開価格 1.35%上回る2,250円。資金吸収額31.4億円

16日、ビッグデータを活用したデータマーケティングを展開するTrue Data <4416>が​​東証マザーズに新規上場した。初値は公開価格 2,220円を1.35%上回る2,250円だった。上場初日は1,835円で取引を終えた。公開株数は1,418,400株。株式上場による資金吸収額は31.4億円。市場から調達した資金は、人材の新規採用や広告宣伝費のほか、システム開発、研究開発費、借入金の返済などに充てる

True Dataは、2000年10月にカスタマ ー・コミュニケーションズとして資本金4億円で設立。スーパーマーケット、ドラッグストアなど全国の小売業の顧客ID付きPOSデータといったビッグデータを活用した分析、開示支援ツールを提供するデータマーケティング事業を展開する。設立時は三菱商事が新規事業の位置付けで50.3%を出資していたが、2008年11月に株式譲渡で筆頭株主がプラネットになった。直近の業績は、2021年3月期売上高11億6,600万円、経常利益△6,400万円、純利益△6,000万円だった。

Data Base 株式会社 True Data

© 2022 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top