Now Reading
アリババG、300人以上が同時参加できるビデオ会議機能などの無料アプリ「DingTalk Lite」をリリース

アリババG、300人以上が同時参加できるビデオ会議機能などの無料アプリ「DingTalk Lite」をリリース

 

アリババグループは9日、300人以上が同時に参加できるビデオ会議機能などを持つ無料のコミュニケーションアプリ「DingTalk Lite」をリリースした。新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大を受け、企業や教育機関におけるリモートワークや遠隔授業の需要増に応える。

今回リリースしたアプリは、アリババグループが中小企業向けに開発したコミュニケーション・プラットフォーム「DingTalk」のライト版アプリ。無料で利用できる。同時に300人以上が参加できるビデオ会議機能をはじめ、最大1,000人が参加できる高精細ライブ配信機能、写真や映像の共有機能などをもつ。現在の対応言語は、日本語、英語、中国語(繁体字)。DingTalkは2015年にサービスを開始し、ユーザー数は2億人を超え、1,000万社超の企業が利用している。

 
| DATA BASE |  
アリババ株式会社       

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top