Now Reading
ファンコミュニティプラットフォームのTHECOO、12月22日東証マザーズ上場へ。売上23.2億円、当期純損失△6,567.3万円

ファンコミュニティプラットフォームのTHECOO、12月22日東証マザーズ上場へ。売上23.2億円、当期純損失△6,567.3万円

 

東京証券取引所は17日、ファンコミュニティプラットフォームやSNSマーケティングなどを手掛けるTHECOOの東証マザーズへの新規上場を承認した。上場予定日は12月22日。

THECOOは2014年1月にルビー・マーケティング株式会社として設立。一般ユーザー向けファンコミュニティプラットフォーム「Fanicon」の提供やYouTuberやインスタグラマーなどのインフルエンサーによる企業向けマーケティング支援、オンライン広告コンサルティングなどを行っている。

主力事業のFaniconは、アーティスト、インフルエンサー、タレントなどとそのファンが集うプラットフ ォーム。2017年12月にサービスを開始した。 現在、インフルエンサーやタレントのほか、アーティストや俳優、プロスポーツチームなどといったファンコミュニティが存在している。ビジネスモデルは、サブスクリプションによる月額料金とファニポイント購入による売上、ECの販売手数料など。インフルエンサーを用いたマーケティング支援事業は、特にゲーム領域が同社の強み。10月時点、専属契約のゲーム実況者が34名所属しており、彼らのマネジメント業務をはじめ、コンテンツ制作支援やゲーム大会の主催なども手掛ける。

直近の業績は2020年12月期売上高23億2,005.8万円、経常利益△6,066.7万円、純利益△6,567.3万円だった。

 
| DATA BASE |  
THECOO株式会社       

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top