Now Reading
企業DX支援のBTC、2月4日マザーズ上場中止。オミクロン株感染拡大、株式市場全般の動向など考慮

企業DX支援のBTC、2月4日マザーズ上場中止。オミクロン株感染拡大、株式市場全般の動向など考慮

2月4日に東証マザーズへ株式上場を予定していたビッグツリーテクノロジー&コンサルティングは19日、新型コロナウイルスのオミクロン株の世界的な感染拡大をはじめ、直近の株式市場全般の動向などを考慮し、株式上場申請を取り下げる方針を固めた。公募による募集株式発⾏、株式売出しを中止する。

東京証券取引所は2021年12月28日にビッグツリーテクノロジー&コンサルティングの東証マザーズへの新規上場を承認。2月4日に株式を上場する予定だった。今後の上場手続きの再開については、株式市場全般の動向などを見極めた上で引き続き検討する方針だという。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングは2002年2月に有限会社ビックツリーキャピタルとして創業。企業のDX推進を支援するコンサルティング、システムインテグレーション事業のほか、高度なスキルを持つフリーランス向け人材マッチングサイト「BTCエージェント」の運営を行う。直近の業績は、2020年12月期売上高64.5億円、経常利益8.5億円、当期純利益6.3億円だった。

Data Base 株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング

© 2022 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top