Now Reading
不動産データプラットフォームのestie、グロービス、東大エッジキャピタル、グローバル・ブレインから総額10億円調達

不動産データプラットフォームのestie、グロービス、東大エッジキャピタル、グローバル・ブレインから総額10億円調達

オフィス賃貸業向けデータプラットフォームを展開するestieは12日、既存株主のグロービス・キャピタル・パートナーズ東京大学エッジキャピタルパートナーズと新規にグローバル・ブレインを加えた3社から総額約10億円の資金調達を行ったことを明らかにした。調達した資金で人材採用を強化し、事業成長を加速させる。

estieは2018年12月に設立。オフィス賃貸業向けデータプラットフォーム「estie pro」、賃貸オフィスマッチングサービス「estie」の開発、提供を行う。estie proは、オフィス賃貸業に必要なあらゆる情報をデータベース化。全国7万棟/40万フロアの建物情報、500万坪の募集情報、24万件の賃料情報、都心20万件の入居企業情報など網羅する。

Data Base 株式会社estie

© 2022 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top