Now Reading
メルカリ、物流子会社メルロジを吸収合併、経営資源最適化。メルロジ2022年6月期純損失△5億円赤字

メルカリ、物流子会社メルロジを吸収合併、経営資源最適化。メルロジ2022年6月期純損失△5億円赤字

フリマアプリメルカリ<4385>は10月31日、物流ビジネスを展開する100%出資子会社メルロジを来年1月1日付けで吸収合併する方針を固めた。経営資源の最適化を図り、意思決定スピードを高める狙いだ。 

メルロジメルカリのフリマサービス「メルカリ」の流通取引総額拡大に伴い、新たな発送オペレーション構築が必要として2021年10月に資本金 1億5,000万円で設立。効率的な集荷物流網を独自に構築し、パー トナーとの提携により、トラック、倉庫などの自社アセットを持たない物流ビジネスの展開を目指していた。メルロジがこれまで取り組んできた梱包発送の簡便化は、親会社のメルカリが引き続き取り組んでいく。メルロジの直近の業績は、2022年6月期売上高4,200万円、営業損失△5億300万円、経常損失△5億200万円、純損失△5億300万円だった。 

Data Base メルカリ メルロジ

© 2022 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top