Now Reading
元楽天トラベル代表が創業 Cocolive、2/28東証グロース上場へ。不動産向けクラウドサービス 有料契約920社。売上7.9億、経常1.4億円

元楽天トラベル代表が創業 Cocolive、2/28東証グロース上場へ。不動産向けクラウドサービス 有料契約920社。売上7.9億、経常1.4億円

24日、東京証券取引所が不動産業界向けクラウドサービスを展開するCocolive<137A>の東証グロース市場への新規上場を承認した。上場予定日は2月28日。

Cocoliveはトリップアドバイザーや楽天トラベルで代表取締役社長を努めた経験を持つ山本考伸氏が2017年1月に資本金100万円で設立。日本国内の不動産会社に対して、マーケティング活動を自動化するツール「KASIKA」の開発、提供を行う。KASIKAは不動産会社の営業担当者の営業活動を効率化するクラウドサービス。2017年5月にサービス開始。初期費用50,000円に加え、店舗数課金とユーザ数課金によりサービスを提供しており、店舗数課金では1店舗利用あたり月額50,000円から、ユーザ数課金ではユーザ10名以下までが50,000円から。2023年5月時点、MRR(Monthly Recurring Revenue)は6,817.7万円、有料契約社数920社だった。直近の業績は、2023年5月期(7期)売上高 7億9,714.5万円、経常利益 1億4,071万円、純利益 9,717.5万円だった。

Data Base Cocolive

© 2022 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top