Now Reading
新型コロナ感染症の影響が追い風。ミンカブ3月UU急増、今期業績は計画を大きく上回る見通し

新型コロナ感染症の影響が追い風。ミンカブ3月UU急増、今期業績は計画を大きく上回る見通し

 

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、外食、アパレル産業をはじめ多くの企業が業績を落としている。一方、追い風となって業績を伸ばす企業もある。株式情報サイトを運営するミンカブ・ジ・インフォノイド<4436>は16日、「みんなの株式」「株探」など、同社が運営する株式・為替情報サイトの3月の月間ユニークユーザー数が1,172万人に急伸したと発表した。株価暴落など、金融市場は同コロナウイルスの影響を大きく受けたが、結果的に人々の関心がその最新動向に集まり、同サイトのユニークユーザー増加に繋がった。

同社が2020年3月期第3四半期決算で発表した月間ユニークユーザー数は700万人だったが、3月はその約1.7倍へ増加した。これに伴い、業績も上振れる。広告収入、課金収入など、メディア事業の売上、利益ともに計画を大きく上回る見通しだ。2月5日に発表した今期業績予想は売上高27億円、純利益4億円。通期決算発表は5月12日を予定している。

 
| DATA BASE |  
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド       

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top