Now Reading
東南アジアでオンライン教育を展開するMANABIE、本田圭佑氏らエンジェル投資家、ベンチャーキャピタルから総額480万ドル調達

東南アジアでオンライン教育を展開するMANABIE、本田圭佑氏らエンジェル投資家、ベンチャーキャピタルから総額480万ドル調達

 

シンガポールを拠点に東南アジアでオンライン教育事業を展開するMANABIE INTERNATIONAL PRIVATE LIMITED(Manabie)は22日、サッカー選手の本田圭佑氏をはじめとするエンジェル投資家やベンチャーキャピタルのジェネシア・ベンチャーズなどから総額480万ドルの資金調達を行ったことを明らかにした。

Manabieは2019年4月創業。現在、ベトナムを中心に小中高生向けオンライン学習アプリの提供を行うほか、学習センターの運営などを展開している。今回調達した資金でベトナム全域をカバーし、サービスエリアを東南アジア全域へ広げる考えだ。

代表の本間氏は、オンライン教育を展開する「Quipper」をイギリスで創業後、2015年にリクルート社に48億円で売却。約9年間オンライン教育に携わってきた経験を持つ。現在同社は学校教育のオンライン化も推し進めており、新型コロナウイルス感染拡大による休校や閉鎖が続く学校、教育関係者向けに「学校のオンライン移行ガイドブック」を公開。日本国内を含めた学校のオンライン化のサポートも拡大していく。

 
| DATA BASE |  
MANABIE INTERNATIONAL PRIVATE LIMITED       

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top