Now Reading
メルカリQ3最終損失222億円。子会社のマイケル、メルペイ、米Mercariなど減損損失369億円計上

メルカリQ3最終損失222億円。子会社のマイケル、メルペイ、米Mercariなど減損損失369億円計上

 

フリマアプリのメルカリが30日に発表した2020年6月期第3四半期連結決算は、最終損失が222億1,200万円となった。前年同期の損失額は73億4,100万円だった。事業成長を最優先とする同社方針のもと今期も投資を継続し、赤字幅は拡大した。


2018年11月に子会社化した自動車SNSサービスのマイケルとの協業が上手くいっておらず、マイケルののれん減損損失8億4,500万円を計上。現在、事業モデルの転換を検討している。また、メルペイと米国子会社のMercari, Inc.も減損処理を行なった。マイケルの減損を加えた関係会社株式評価損合計は369億3,500万円に上った。


第3四半期連結累計期間の「メルカリ」の日本国内流通総額は4,454億円。前年同期比で843億円増加した。2019年2月に開始したスマホ決済サービス「メルペイ」の利用者数は600万人超となった。米国「Mercari」の当第3四半期連結累計期間における米国内流通総額は430億円(為替レート108.35円換算)。前年同期比で137億円増加した。


 
| DATA BASE |  
株式会社メルカリ       

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top