Now Reading
ミクシィ最終利益59.6%減。主力モンストARPU低下で減収減益

ミクシィ最終利益59.6%減。主力モンストARPU低下で減収減益

 

ミクシィが15日に発表した2020年3月期最終利益は前期比59.6%減の107億2,400万円だった。主力のスマートフォンゲーム「モンスターストライク」が、ARPUの低下などに伴い減収減益。一方、人気IPとのコラボなどが奏功し、期初の業績予想は上回った。今後は、リソースを注力ゲームへ集中し、成長に繋げる。2021年3月期通期の業績予想は売上高1,000億円、営業利益110億円、純利益65億円の見通し。

 
| DATA BASE |  
株式会社ミクシィ       

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top