Now Reading
ネコの健康状態を把握するスマートねこトイレ開発のハチたま、菊池製作所とマネックスベンチャーズから総額1億円調達

ネコの健康状態を把握するスマートねこトイレ開発のハチたま、菊池製作所とマネックスベンチャーズから総額1億円調達

ネコの健康状態を把握するIOTデバイス、スマートねこトイレ「toletta(トレッタ)」を開発するハチたまは19日、菊池製作所とマネックスベンチャーズから総額1億円の資金調達を行ったと発表した。調達資金は同社製品の新バージョン「toletta3」の開発に充て、事業拡大を図る。

ハチたまは、ITを活用したペットのヘルスケアサービスを行うペットボードヘルスケアとして2015年3月に設立。2017年11月にハチたまへ社名を変更。IoTでネコの健康状態の把握や、病気の早期発見などに活かせるスマート猫トイレ「toletta」の開発、販売を行う。tolettaは、2019年3月のローンチから約1年で2400台を出荷。Amazonの猫のトイレ部門で、No1ベストセラー2回の実績を持つ。今回の資金調達を含め、これまでに同社が調達した資金の累計総額は5億円超。今後も継続して資金調達を行っていく計画だ。

Data Base ハチたま マネックスベンチャーズ

© 2022 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top