Now Reading
クラウド会計ソフトのフリー、新型コロナ緊急事態宣言解除後も在宅勤務を継続。現時点で6月30日まで

クラウド会計ソフトのフリー、新型コロナ緊急事態宣言解除後も在宅勤務を継続。現時点で6月30日まで

 

フリー<4478>は28日、日本政府による全国の緊急事態宣言解除後の勤務体制について、原則として在宅勤務を継続する方針を明らかにした。ただし、6月1日からは、必要に応じて出社・訪問を一部認める体制へ移行する。現時点では、6月30日まで同体制を継続する予定だが、状況により適用期間を変更する可能性があるとした。同社では、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、3月2日より全従業員の原則在宅勤務を決定していた。

フリーは2012年7月設立。クラウド会計ソフト「freee」などのサービス開発、提供を行う。2019年12月マザーズ上場。2020年6月期通期の連結業績予想は売上高69億4,100万円、営業利益△28億7,600万円、経常利益△31億2,700万円、純利益△31億3,500万円の見込み。

 
| DATA BASE |  
フリー株式会社       

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top