Now Reading
印刷、物流のシェアリングプラットフォームのラクスル、3Q最終損失6億3,200万円

印刷、物流のシェアリングプラットフォームのラクスル、3Q最終損失6億3,200万円

 

印刷、物流のシェアリングプラットフォーム運営のラクスルが11日に発表した2020年7月期第3四半期の業績は、最終損失6億3,200万円での着地となった。売上高は前年同期比34.4%増の165億9,800万円に伸びた。

主力の印刷事業はTVCMなど広告宣伝投資を積極的に行い、新規顧客の獲得が進みリピート購 入数も好調に推移。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた2月末以降は売上高、成長率が低下。緊急事態宣言発令後は前年対比25%程度落ちた。運送事業は売上総利益率が改善。投資ペースを抑制したことで、QoQで赤字幅が縮小した。

 
| DATA BASE |  
ラクスル株式会社       

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top