Now Reading
スマートニュース、総額251億円調達。米国の人員を倍増へ

スマートニュース、総額251億円調達。米国の人員を倍増へ

 

ニュースアプリ「SmartNews」を運営するスマートニュースは16日、国内外の投資家から総額251億円の資金調達の契約締結を完了したことを明らかにした。これにより、これまでに調達した資金は累計443億円になった。調達した資金で米国の人員を倍増させ、米国版アプリの機能拡充を図る計画。米国市場での成長を加速させる狙いだ。


今回の資金調達には、既存株主のACA Investments、SMBCベンチャーキャピタルが追加出資に応じたほか、米国を拠点とするPrinceville CapitalやWoodline Partners 、国内からはJICベンチャー・グロース・インベストメンツ、Green Co-Invest Investment、Yamauchi-No.10 Family Officeなどが新たに出資した。


スマートニュースは2012年6月15日に設立。同年12月にニュースアプリ「SmartNews」の提供を開始し、2014年10月に米国版をリリースした。

 
| DATA BASE |  
スマートニュース       

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top