Now Reading
製造現場向けクラウドサービスのものレボ、総額1.8億円を調達。ALL STAR SAAS FUND、京銀未来ファンドなど

製造現場向けクラウドサービスのものレボ、総額1.8億円を調達。ALL STAR SAAS FUND、京銀未来ファンドなど

 

製造現場向け工程管理SaaS「ものレボ」を開発するものレボは5日、ALL STAR SAAS FUND、京銀未来ファンド、日本スタートアップ支援協会、BLEW、スマレジ創業者の徳田誠氏から総額1.8億円の資金調達を行ったことを明らかにした。調達した資金で人員増強を図り、プロダクト開発、販売などを強化していく。


ものレボは、2016年2月設立。少量多品種・短納期生産向け工程管理Saas「ものレボ」の開発、提供を行う。トヨタ生産方式の思想を元に開発した工程管理手法が特徴だ。8月31日現在、77社130工場で利用されている。

 
| DATA BASE |  
ものレボ       

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top