Now Reading
ブロックチェーンのchaintope、総額1.8億円調達。ANRI、Canal Ventures、三菱総合研究所など

ブロックチェーンのchaintope、総額1.8億円調達。ANRI、Canal Ventures、三菱総合研究所など

 

ブロックチェーン開発プロットフォームを展開するchaintopeは6日、ANRI、Canal Ventures、三菱総合研究所、SGインキュベート、デジタルトランスフォーメーションファンド、NCBベンチャーから総額1.8億円を調達したことを明らかにした。調達した資金は、ブロックチェーン技術を複雑な要素技術を意識することなく短期間で多業種、多領域に実装できるAPI「Tapyrus API」を開発し、多業種、多領域でのブロックチェーンの社会実装、実用化を目指す。


chaintopeは2016年12月設立。パブリックブロックチェーン「Tapyrus(タピルス)」を基盤としたブロックチェーン開発プラットフォームの提供を行うほか、同プラットフォームのAPI「Tapyrus API」の開発を進める。Tapyrus APIを利用することで、ブロックチェーンの複雑な要素技術を意識することなく、ブロックチェーンアプリの開発が可能。自社サービスや製品に安全と信頼性を持たせることができる。開発期間の短縮、コスト削減にも繋がる。

 
| DATA BASE |  
chaintope       

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top