Now Reading
不動産仲介会社向け営業支援SaaSのHousmart、VCファンドから総額7億円調達。累計調達額約14億円。人材強化し、開発スピード加速へ

不動産仲介会社向け営業支援SaaSのHousmart、VCファンドから総額7億円調達。累計調達額約14億円。人材強化し、開発スピード加速へ

 

不動産仲介会社向けクラウドサービスを展開するHousmartは8日、JIC ベンチャー・グロース・インベストメンツとサファイア・キャピタルがそれぞれ運営する投資ファンドから総額7億円の資金調達を行ったことを明らかにした。累計資金調達額は約14億円。今回調達した資金で人材採用、内部体制を強化し、事業拡大、開発スピードを加速させる狙い。


Housmartは2014年10月設立。不動産仲介会社向け営業支援SaaS「プロポクラウド」の開発、提供を行う。プロポクラウドは、営業担当者に代わり、顧客の希望条件に合う最新の物件情報や売却に関するコンテンツを自動でメール送信する機能をはじめ、顧客管理機能、最新物件情報の検索・閲覧、手動メール送付など、不動産仲介会社の営業活動に必要な機能がすべて備わっている。現在、1都3県で展開しており、順次、エリア拡大を図る計画だ。

 
| DATA BASE |  
Housmart       

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top