Now Reading
地図データ提供のゼンリン、2Q営業△12億円→△4.6億円へ上方修正。企業向け受託、IoT関連の開発受託が増加

地図データ提供のゼンリン、2Q営業△12億円→△4.6億円へ上方修正。企業向け受託、IoT関連の開発受託が増加

 

地図データを活用したさまざまなビジネス展開を行うゼンリン<9474>は21日、2022年3月期2Qの営業利益を前回予想の△12億円から△4億6,000万円へ上方修正した。赤字幅が大幅に縮小する。企業向け住宅地図データを活用した受託案件やIoT関連の開発受託が増え他ことで、売上、利益ともに予想を上回る見込み。2Q連結累計期間において黒字転換したが業績連動賞与を計上したことで営業損失となった。

 
| DATA BASE |  
株式会社ゼンリン       

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top