Now Reading
東京eスポーツゲート、日本たばこ産業など複数の事業会社から総額3億円調達。eSportsイベント施設「RED°TOKYO TOWER」22年4月開業へ

東京eスポーツゲート、日本たばこ産業など複数の事業会社から総額3億円調達。eSportsイベント施設「RED°TOKYO TOWER」22年4月開業へ

 

eSports施設の開発などを手掛ける東京eスポーツゲートは27日、日本たばこ産業、Robot Home、プロパティエージェント、メディアクリエイトコミュニケーションズ、Gushcloud International Ventures、ほか数社から総額約3億円の資金調達を行ったことを明らかにした。調達資金は、現在開発中のeSportsイベント施設などに投下する。

東京eスポーツゲートは2020年12月に設立。eSportsイベントなどを行うエンターテイメント施設「RED°TOKYO TOWER(レッド トーキョータワー)」の開発のほか、eSportsを軸にしたさまざまな事業を展開する。RED°TOKYO TOWERは、東京タワーフットタウンビルに2022年4月開業を予定。10代後半から30歳前半の男女を主なターゲットとし、最新ゲームタイトルの体験やeSports大会、音楽ライブ、ファッションショーなど、さまざまなライブエンターテインメントを実施する。

 
| DATA BASE |  
東京eスポーツゲート株式会社       

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top