Now Reading
女性の不妊治療を可視化するninpath、VC、個人などから総額約3,000万円調達。患者がより治療に集中できる環境構築へ

女性の不妊治療を可視化するninpath、VC、個人などから総額約3,000万円調達。患者がより治療に集中できる環境構築へ

 

不妊治療のデータを可視化できるアプリを運営するninpathは10月28日、Yazawa Ventures、SFCフォーラム1号ファンド、ほか個人投資家複数名と金融機関からの融資を合わせて総額約3,000万円の資金調達を行ったことを明らかにした。調達した資金でサービスの機能改善、関連サービスの充実などを進め、事業拡大を図る。

ninpathは2020年3月に設立。不妊治療の記録や管理ができるアプリ「ninpath」の開発、運営を行う。ninpathは、不妊治療の周期毎の記録・管理に加えて、自身と近い第三者の治療データなどと比較できるのが特徴。これにより、自分自身の客観的な状況把握が可能になり、より適切な治療方針の検討、選択に役立つ。2020年3月にサービスを開始し、これまでに3,000名超の不妊治療歴に関するデータを蓄積した。

今後はメンタルを中心とした患者ケアスキームの開発と企業の女性の活躍を支援する事業などにも乗り出す計画。女性の患者がより治療に集中できる環境を構築する狙いがある。

 
| DATA BASE |  
株式会社ninpath       

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top