Now Reading
アートコレクション管理サービスのbetween the arts、プレシリーズAで総額1億8,900万円調達。オークションDX推進へ

アートコレクション管理サービスのbetween the arts、プレシリーズAで総額1億8,900万円調達。オークションDX推進へ

 

アートコレクションの管理サービス「美術倉庫」を運営するbetween the artsは10月28日、Shinwa Wise Holdings、Gazelle Capital、ほか複数のエンジェル投資家などからプレシリーズAラウンドとして総額1億8,900万円の資金調達を行ったことを明らかにした。今回、同社の資金調達に応じたShinwa Wise Holdingsの子会社Shinwa Auctionは、オークションハウスを運営しており、今年7月にShinwa Auction主催オークションの出品代行サービスを始めたばかり。今後は、より関係を強化し、オークションのデジタルトランスフォーメーションを進めていく狙いがある。

between the artsは、2020年1月設立。アートコレクションをオンライン上で管理できるサービス「美術倉庫」を運営している。美術倉庫は、スマートフォンで撮影するだけで自身のアートコレクションを整理、一覧化できるのが特徴で、購入時期や参考市場価格などさまざまな情報を管理できる。また、自宅で保管できないアートコレクションを1作品あたり月額100円から預けることも可能で、自宅で保管できないアートコレクションを、高さ、奥行き、幅の合計が最大8mまで預けることができる。2020年7月のサービスを開始し、2021年10月時点、約7,000点のアート作品を管理している。

 
| DATA BASE |  
株式会社 between the arts       

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top