Now Reading
クラウド会計のマネーフォワード、⼈事労務AIチャットボットHiTTOを約20億円で完全子会社化。ノウハウ、顧客基盤を活用して利用拡大へ

クラウド会計のマネーフォワード、⼈事労務AIチャットボットHiTTOを約20億円で完全子会社化。ノウハウ、顧客基盤を活用して利用拡大へ

クラウド会計サービスなどを手掛けるマネーフォワードは11⽉30⽇、⼈事労務向けAIチャットボットを開発するHiTTOの発⾏するすべての株式と新株予約権を19億9,900万円で取得し、完全⼦会社化する方針を固めた。マネーファワードの持つノウハウや顧客基盤を活用して利用拡大を図る狙いがあるほか、⼈事労務プロダクトとのデータ連携、経理や法務、情報システム部⾨領域への事業展開なども視野に入れる。

HiTTOは、2006年3⽉に設立。勤怠管理や年末調整、経費精算、福利厚⽣など⼈事労務に関する従業員の問い合わせに⾃動で即時回答するAIチャットボット「HiTTO」の開発、提供を行う。HiTTOは、⼈事労務に関する完全⾃動学習型のAIチャットボット。従来、属⼈的に対応していた従業員からの問い合わせ対応にHiTTOが⾃動回答することで、バックオフィス業務の効率化に役立つ。中堅規模以上の企業への幅広い導⼊実績を持つ。直近の業績は2021年2月期売上高3億3,246.5万円、営業利益11.4万円、経常利益435.8万円、当期純利益530万円だった。

Data Base 株式会社マネーフォワード

© 2022 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top