Now Reading
ゲーマーコミュニティプラットフォームのGauG、マネックスベンチャーズから4,000万円シードマネー調達。人材採用、マーケティング強化へ

ゲーマーコミュニティプラットフォームのGauG、マネックスベンチャーズから4,000万円シードマネー調達。人材採用、マーケティング強化へ

ゲーマー向けコミュニティプラットフォームを手掛けるGauGは11月24日、マネックスベンチャーズから総額4,000万円の資金調達を行ったことを明らかにした。調達した資金で開発、インターンなどの人材採用を積極的に行うほか、新規顧客獲得向けてマーケティング強化を図る。

GauGは2021年10月に設立。ゲーマー向けコミュニティプラットフォーム「GauG(ゴーグ)」の開発、運営を行う。GauGは、ゲーマー同士が繋がれるゲーマーコミュニティープラットフォームで、ゲーマー仲間やeスポーツのチームメンバーの募集、イベント告知などができる。11月には新たなサービスとしてトーナメント機能を追加。eスポーツの大会主催や運営が簡単にできる機能が備わった。

「今後はコミュニティ強化に向けた新機能・デザインの開発や、大会運営・その他マーケティングに注力していく考えです。」(代表 前田名雄人氏)

Data Base GauG株式会社

© 2022 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top