Now Reading
MaaSデータ統合プラットフォーム開発のMaaS Tech Japan、DBJキャピタル、ゼンリン、三菱商事などから総額3.2億円調達

MaaSデータ統合プラットフォーム開発のMaaS Tech Japan、DBJキャピタル、ゼンリン、三菱商事などから総額3.2億円調達

MaaSデータの統合プラットフォーム開発を手掛けるMaaS Tech Japanは8日、DBJキャピタル、ゼンリンフューチャーパートナーズ、東京海上日動火災保険、三菱商事、SMBCベンチャーキャピタルなどから総額3.2億円の資金調達を行ったことを明らかにした。調達した資金で人材採用を積極化し、プロダクト開発や営業体制の強化を図るほか、今回資本参加したゼンリングループとの地図データを活用したモビリティデータ連携を加速させ、東京海上日動火災保険と保険商品の共同研究やデータ活用、三菱商事とのモビリティサービス、スマートシティなどの事業開発を推進していく。

MaaS Tech Japanは2018年11月に設立。MaaSデータ統合基盤「TraISARE」などの開発や、MaaSに関する知見、経験を強みに行政機関や交通事業者などのさまざまなMaaSプロジェクトを手掛ける。TraISAREは、電車や鉄道、バス、タクシーなどのモビリティデータの統合、AI分析プラットフォーム。運行情報や需要データなどといった公共交通やモビリティサービスのあらゆるデータを統合し、可視化、予測シミュレーション、AI分析が可能。オペレーションの改善、最適化に活用できる。

Data Base 株式会社 MaaS Tech Japan

© 2022 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top