Now Reading
育児・家事支援サービス「東京かあさん」運営のぴんぴんころり、総額8,200万円調達。ANRI、セゾン・ベンチャーズ、個人投資家など

育児・家事支援サービス「東京かあさん」運営のぴんぴんころり、総額8,200万円調達。ANRI、セゾン・ベンチャーズ、個人投資家など

育児・家事支援サービスを展開するぴんぴんころりは9日、 ベンチャーキャピタルのANRI、セゾン・ベンチャーズのほか、個人投資家の南 章行氏、西川 順氏などから総額8,200万円の資金調達を行ったことを明らかにした。調達した資金で人材の採用、ユーザー獲得を強化し、事業拡大を図る。

ぴんぴんころりは2017年7月に設立。熟練主婦“お母さん”が個人家庭に訪問し、家事や育児などのサポートするサービス「東京かあさん」の運営を行う。2019年4月にサービスを開始し、約2年半で累計マッチング数は300件超。30〜40代の共働き、子育て世帯を中心に利用者を拡大している。現時点の登録お母さん数は500名で、2025年までに1万人の登録を目指す。

Data Base 株式会社ぴんぴんころり

© 2022 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top