Now Reading
RevComm、WiLをリードインベスターとして8億円の資金調達

RevComm、WiLをリードインベスターとして8億円の資金調達

 

RevCommは11日、ベンチャーキャピタルのWiLをリードインベスターとして8億円の資金調達を行ったことを明らかにした。既に新株予約権により資金提供を受けていたPERSOL INNOVATION FUND、エン・ジャパン、ブイキューブも株主に加わる。調達した資金は、新サービスの開発や海外進出、組織基盤強化などに充てる。

RevCommは2017年7月に設立。通話内容をAIがリアルタイムで解析し、営業電話やリモートワークの効率、成果向上に繋げるクラウドIP電話「MiiTel(ミーテル)」の開発、提供を行う。AIが電話営業や顧客対応を録音解析し、会話速度や顧客との会話のラリー回数などを可視化。会話内容は全文文字起こしを行い、自動で議事録作成が行われる。2018年2月に同プロトタイプを開発し、同年10月に正式版をリリース。サービス開始約1年半で5,000ユーザーの利用実績を持つ。

 
| DATA BASE |  
株式会社RevComm    WiL, LLC   

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top