AnyMind Group株式会社

新しくブランドを立ち上げたいクリエイターや既にブランドを有するブランド運営事業者に対して提供するマーケティングプラットフォームサービスを軸に、ブランドの生産管理をはじめ、ECサイト構築・運営、物流管理を支援するD2Cプラットフォーム「AnyFactory」、「AnyShop」、「AnyLogi」を、アジア・中東を中心に13カ国・地域で展開している。

CEO. 十河宏輔
Founded. 2019/12/26
Capital. 1億円

106-6131/東京都港区六本木6-10-1
https://anymindgroup.com/

新しくブランドを立ち上げたいクリエイターや既にブランドを有するブランド運営事業者に対して提供するマーケティングプラットフォームサービスを軸に、ブランドの生産管理をはじめ、ECサイト構築・運営、物流管理を支援するD2Cプラットフォーム「AnyFactory」、「AnyShop」、「AnyLogi」を、アジア・中東を中心に13カ国・地域で展開している。2021年12月期の同社マーケティングプラッ トフォームにおける取引顧客数は1,000社超で、うち75%が海外。2022年9月末時点、同プラットフォーム上の登録インフルエンサー情報は45万人以上(グローバル)。加えて、1,400 チャンネル以上のYouTuber、1,300社以上のパブリッシャー、200社以上の製造工場とのネットワークを有している。

 

 

Founder

  • 代表取締役 CEO/十河宏輔(1987/04/07
    2010年4月、株式会社マイクロアド 入社
    2011年4月、株式会社マイクロアドプラス 出向
    2012年11月、MicroAd Vietnam JSC CEO就任
    2013年6月、MicroAdSEA Pte. Ltd. COO就任
    2014年2月、MicroAd Philippines Inc. CEO就任
    2015年3月、MicroAd (Thailand) Co Ltd. CEO就任
    2015年8月、PT MicroAd BLADE Indonesia 取締役就任
    2015年12月、MicroAd Malaysia Sdn. Bhd. CEO就任
    2016年4月、AnyMind Group創業 AdAsia Holdings CEO 就任
    2020年3月、AnyMind Group代表取締役CEO 就任(現任)

  • 取締役 CCO/小堤音彦(1984/08/06
    2007年4月、株式会社帝国データバンク 入社
    2008年3月、ユナイテッドピープル株式会社 入社
    2011年1月、株式会社ノボット 入社
    2011年9月、株式会社mediba 出向
    2011年10月、mediba Inc. Representative Offce in Singapore 出向
    2012年4月、mediba Inc. Representative Offce in Vietnamへ出向
    2013年12月、MicroAd Vietnam JSC 入社
    2016年4月 AnyMind Group創業 AdAsia Holdings COO 就任
    2020年3月 AnyMind Group 取締役就任(現任)

 

Financial Results
  • 2021年12月期(3期)、売上高 192億5,259.7万円、経常利益 △5億3,859.1万円、純利益 △8億995.2万円
  • 2020年12月期(2期)、売上高 110億8,000万円、経常利益 △10億4,500万円、純利益 △11億5,100万円
  • 2019年12月期(1期)、売上高 65億297.1万円、経常利益 △3億5,850万円、純利益 △3億4,898.3万円 

 

History


AnyMind Groupは、2016年4月にAdAsia Holdings Limited(英領ケイマン諸島)を最終持株会社として創業。2018年1月にAdAsia Holdings LimitedをAnyMind Group Limited(以下、AHC)へ商号変更し、AnyMind Groupは、AHCの子会社として2019年12月に設立された。2020年5月、グループ組織再編により、子会社AnyMind Holdings Limitedを吸収合併存続会社、親会社のAHCを吸収合併消滅会社とする三角合併を実施し、AnyMind Groupがグループの親会社となった。2022年1月末時点の連結子会社は27社。

  • 2022年12月、確認すべき事項が発生」したとして株式上場の中止を決議。上場承認取り消し
  • 2022年11月、東証グロース市場へ株式上場承認(12月15日上場予定)
  • 2022年3月、ウクライナ情勢などを考慮し、株式上場の中止を決議。上場承認取り消し
  • 2022年2月、マザーズ市場へ株式上場承認(3月30日上場予定)
  • 2021年1月、クロスボーダーマーケティングを提供するENGAWA株式会社(サニーサイドアップ子会社)を完全子会社化
  • 2020年5月、D2Cプラットフォームの提供を開始。親会社AnyMind Group Limitedとグループ組織再編
  • 2020年4月、子会社としてAnyMind Holdings Limited(英領ケイマン諸島)を設立
  • 2020年3月 インド、中東、東南アジア等でのモバイルマーケティングプラットフォーム「POKKT」を運営する Maiden Marketing Pte. Ltd.(シンガポール)を完全子会社化
  • 2020年2月、フィットネスD2Cブランドを運営する株式会社LYFTを子会社化
  • 2019年12月、クリエイター向け事業を行うGROVE株式会社を子会社化
  • 2019年12月、AnyMind Group株式会社を設立
  • 2019年3月、タイでクリエイター向け事業を行うMoindy Digital Co., Ltd.を子会社化
  • 2018年9月 AnyMind Philippines Inc.をフィリピンで設立
  • 2018年8月、香港でパブリッシャー向け事業を行うAcqua Media Limitedを完全子会社化
  • 2018年1月、AnyMind Malaysia SDN BHDをマレーシアに設立
  • 2018年1月、親会社AdAsia Holdings LimitedがAnyMind Group Limitedに商号変更。グループブランドを AdAsiaからAnyMind Groupに刷新
  • 2017年10月、パブリッシャー向け事業を行う株式会社フォーエムを完全子会社化
  • 2017年5月、AdAsia Hong Kong Limited(現AnyMind Hong Kong Limited)を香港に設立
  • 2017年4月、AdAsia Shanghai Co. Ltdを中国に設立
  • 2017年4月、アドアジアジャパン株式会社(現AnyMind Japan株式会社)を設立
  • 2017年2月、AdAsia (Cambodia) Co.,Ltd.をカンボジアに設立
  • 2016年11月、台湾に支店を設立
  • Company Limited)とAdAsia Media Vietnam Company Limitedをベトナムに設立
  • 2016年10月、PT. AdAsia Technology Indonesiaをインドネシアに設立。AdAsia Vietnam Company Limited(現AnyMind Vietnam
  • 2016年5月、AdAsia (Thailand) Company Limited(現AnyMind (Thailand) Company Limited)をタイに設立
  • 2016年4月、AdAsia Holdings Limited(現AnyMind Holdings Limited)をケイマン諸島に設立。AdAsia Holdings Pte. Ltd.(現AnyMind Group Pte. Ltd.)をシンガポールに 設立

 

  Investors


十河宏輔(代表、37.21%)、小堤音彦(取締役、9.54%)、SMBC信託銀行(特定運用金外信託 未来創生2号ファンド、6.77%)、JATF VI (Singapore) Pte. Ltd.(6.63%)、JAFCO Asia Technology Fund VII Pte. Ltd.(4.81%)、JIC ベンチャー・グロース・ファン ド 1号(3.92%)、JPインベストメント 1号(2.86%)、日本グロースキャピタル投資法人(2.42%)、渡邊久憲(1.86%)、大川 敬三(取締役、1.71%)、SMBC信託銀行(特定運用金外信託 契約番号 12100440、1.69%)、VGI Public Company Limited(1.69%)、日本郵政キャピタル(1.69%)、Rohit Sharma(取締役、1.38%)、東京センチュリー(1.02%)、Jungle Ventures I Pte. Ltd.(0.96%)、KSG Capital Pte. Ltd.(0.95%)、プロトベンチャーズ 2号(0.93%)、三菱UFJキャピタル7号(0.92%)、Vaibhav Odhekar(0.82%)、Punsak Limvatanayingyong(0.54%)、Siwat Vilassakdanont(0.26%)、KSK Angel Fund LLC(0.39%)、スペースシャワーネットワーク(0.34%)、Benjamin Chien(0.33%)、Tisya Sharma(0.32%)、丸山 仁(0.29%)、TV Thunder Public Co., Ltd.(0.28%)、齋藤 陸(0.26%)、Lidyawati(0.26%)、森田 篤(0.24%)、サニーサイドアップグル ープ(0.23%)、 牛山隆信(0.22%)、Manish Tewari(0.20%)、埼玉冠婚葬祭センター(0.17%)  、ほか

 

Funding


  • 2022年7月15日、40億1,090万8,500円調達(普4,532,100株、@885円)
    /JIC ベンチャー・グロース・ファンド 1号、JPインベストメント1号、日本グロースキャピタル投資法人、プロトベンチャーズ 2号、三菱UFJキャピタル7号


  • 2021年8月19日、株式分割(1:600)
  • 2021年1月29日、2億771万680円調達(C種373,200株、@557円)
    サニーサイドアップグル ープ
    、​​埼玉冠婚葬祭セン ター、ナノ・アソシエー ション、牛山隆信、伊波匡彦、エム・アイ・パートナーズ

  • 2020年9月2日、151,085 USD調達(201,000株、@0.75 USD)
    Tisya Sharma

  • 2020年7月30日、785,642 USD調達(1,045,200株、@0.75 USD)
    Vaibhav Odhekar(321,000株)、Rohit Sharma(299,400株)、​​Ritu Sharma(298,800株)、Manish Tewari(126,000株)

  • 2020年3月、26.4M USD(約29億円)調達(累計資金調達額:62.3M USD)
    /未来創生2号ファンド(スパークス・グループ)、日本郵政キャピタル、ほか既存株主

  • 2019年7月、資金調達(資本業務提携)
    KSK Angel Fund LLC

  • 2019年3月、8M USD(約9億円)調達(シリーズB追加、累計資金調達総額:35.9M USD)
    VGI Global Media、東京センチュリー

  • 2018年10月、13.4M USD(約15億円)調達(シリーズB)
    LINE、未来創生ファンド、Jafco Asia, Dream Incubator、ほか既存株主

  • 2017年9月、2.5M USD(約2.8億円)調達
    Gunosy、渡辺久統(ウェブクルー創業者)

  • 2017年4月、12M  USD(約13.6億円)調達
    JAFCO Asia (ジャフコグループ100%子会社)

 

Patent


N/A


| Related articles |
サッカー本田も投資 AnyMind Group、再び上場中止「確認すべき事項が発生」。売上192.5億円、純損失△8.9億円
マザーズ上場中止 AnyMind Group、12/15東証グロース上場へ。売上192.5億円、純損失△8億円。サッカー本田氏も出資
3月上場中止 AnyMind Group、総額50億円調達。M&A積極化、アジアでのシェア拡大目指す。13ヵ国・地域17拠点、売上190億円超
D2CプラットフォームAnyMind Group、マザーズ上場中止。2022年に入り6社目。ウクライナ情勢の影響を考慮
D2Cプラットフォームを13カ国・地域で展開するAnyMind Group、3月30日マザーズ上場。 売上110.8億円、利益△11.5億円

© 2022 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top