Now Reading
マザーズ上場中止 AnyMind Group、12/15東証グロース上場へ。売上192.5億円、純損失△8億円。サッカー本田氏も出資

マザーズ上場中止 AnyMind Group、12/15東証グロース上場へ。売上192.5億円、純損失△8億円。サッカー本田氏も出資

15日、東京証券取引所がマーケットプラットフォームサービスを展開するAnyMind Groupの東証グロース市場への新規上場を承認した。上場予定日は12月15日。東証マザーズ上場を取りやめたAnyMind Groupが、再び株式上場を決めた。同社今年2月22日に東証マザーズへの新規上場承認を受け、3月30日に株式上場する予定だったが、同11日に上場を取りやめる方針を決議し、上場を取りやめた。新型コロナウイルスのオミクロン株の世界的な感染拡大や直近の市場動向などを考慮したものだった。 

AnyMind Groupは、2019年12月に設立。新しくブランドを立ち上げたいクリエイターや既にブランドを有するブランド運営事業者に対して提供するマーケティングプラットフォームサービスを軸に、ブランドの生産管理をはじめ、ECサイト構築・運営、物流管理を支援するD2Cプラットフォーム「AnyFactory」、「AnyShop」、「AnyLogi」を、アジア・中東を中心に13カ国・地域で展開している。2021年12月期の同社マーケティングプラッ トフォームにおける取引顧客数は1,000社超で、うち75%が海外。2022年9月末時点、同プラットフォーム上の登録インフルエンサー情報は45万人以上(グローバル)。加えて、1,400 チャンネル以上のYouTuber、1,300社以上のパブリッシャー、200社以上の製造工場とのネットワークを有している。直近の業績は2021年12月期売上高192億5,259.7万円、経常利益 △5億3,859.1万円、純利益△8億995.2万円だった。 

Data Base AnyMind Group

© 2022 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top