Now Reading
楽天、台湾でオンライン銀行を開始。現地企業と合弁会社設立

楽天、台湾でオンライン銀行を開始。現地企業と合弁会社設立

 

楽天が台湾でのオンライン銀行サービスを本格化させる。19日、楽天の連結子会社である楽天銀行と楽天カードが台湾企業のIBF Financial Holdingsと共同で、台湾での銀行サービスを行うための現地合弁会社を設立した。資本金は台湾100億ドル。出資比率は、楽天銀行50%、楽天カード1%、IBF社 49%。

楽天が台湾でECサービスを始めたのは2008年。以降、クレジットカード、トラベル、フリマアプリ、電子書籍などさまざまな事業を展開し、台湾でのECとクレジットカードを中心とした「楽天エコシステム」を形成してきた。昨年7月30日には台湾の金融監督当局である金融監督管理委員会からIBF社と共同でオンライン銀行業の認可を取得。これまで台湾での銀行サービス開始に向けた各種手続きを進めてきた。

 
| DATA BASE |  
楽天株式会社       

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top