Now Reading
長距離無人航空機の研究開発を行うテラ・ラボ、総額3億円調達。DRONE FUNDなど

長距離無人航空機の研究開発を行うテラ・ラボ、総額3億円調達。DRONE FUNDなど

 

長距離無人航空機の研究開発を行うテラ・ラボは20日、DRONE FUNDをはじめ、商工組合中央金庫などの金融機関から総額3億円の資金調達を行ったと発表した。これまでの資金調達総額は5億円超。今後は、開発中機体の高度化とデータ解析技術のさらなる向上を目指す。

テラ・ラボは2014年3月に設立。長距離無人航空機の研究開発を行う。創業以来、大規模災害時に役立つ長距離無人航空機の研究開発を進めており、航空測量技術のデータ解析を活かした災害対策システムの構築を目指している。

 
| DATA BASE |  
株式会社テラ・ラボ    DRONE FUND   

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top