Now Reading
楽天の三木谷氏、米Lyftの取締役退任。株式評価損250億円計上。楽天グループの経営に専念

楽天の三木谷氏、米Lyftの取締役退任。株式評価損250億円計上。楽天グループの経営に専念

 

楽天は31日、同社代表取締役会長兼社長の三木谷浩史が米ライドシェア大手Lyftの取締役を退任したと発表した。新型コロナウイルスの影響に伴う先行き不透明な状況下、本業の楽天グループの経営に専念する考えだ。三木谷氏は、2015年にLyftへ投資して以来、同社の取締役を務めていた。三木谷氏の取締役退任に伴い、2020年12月期3Q(7−8月)にLyft株の株式評価損250億円を計上する。

 
| DATA BASE |  
楽天株式会社       

View Comments (0)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

© 2020 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top