Now Reading
スマホゲーム開発のコロプラ、2Q最終利益△55%減。売上連動の決済手数料や広告宣伝費など増加

スマホゲーム開発のコロプラ、2Q最終利益△55%減。売上連動の決済手数料や広告宣伝費など増加

スマートフォン向けゲーム開発、運営を行うコロプラ<3668>が11日に発表した2022年9月期2Q連結の業績は、最終利益が前年同期比△55.0%減の18億300万円で着地した。主力のスマートフォン向けゲームは、他社IPタイトル 「ドラゴンクエストウォーク」や自社IPタイトル「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」などの既存タイトルが堅調に推移し、QoQでは成長したものの、前年同期比で減収、減益となり、売上連動の決済手数料や広告宣伝費などの増加で利益を圧迫した。

Data Base コロプラ

© 2022 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top