Now Reading
仮想空間プラットフォーム「XR CLOUD」開発 monoAI technology、12/20東証グロース上場へ。売上12.9億円、純利益 △1.8億円

仮想空間プラットフォーム「XR CLOUD」開発 monoAI technology、12/20東証グロース上場へ。売上12.9億円、純利益 △1.8億円

15日、東京証券取引所が仮想空間共有技術プラットフォームの開発、提供を行う monoAI technologyの東証グロース市場への新規上場を承認した。上場予定日は12月20日。

monoAI technology は2013年1月に設立。オンラインゲーム開発で培った通信技術とAI技術をコアとするXR技術を強みに、誰でも簡単に仮想空間でイベントを行うことができる仮想空間共有技術プラットフォーム「XR CLOUD」の開発、OEM提供などを行なっている。XR CLOUDは、安定した数万人規模の同時接続かつ、仮想空間を構成する1エリアとにも1,000人規模の同時接続が可能。仮想空間内で行われるライブ・展示会などの需要に対し、XR CLOUDを活用した顧客ごとのシステム開発に加え、イベント運営、集客代行、運営支援なども手掛ける。さまざまな種類のイベントをパッケージ化することで、低コスト、短期納期化を実現しており、採用説明会や社内懇親会、社内会議、展示会、ショッピングモール、VTuberファンイベン ト、国際化学オリンピックなどの開発実績を持つ。現在、連結子会社2社(モリカトロン、モノビットエンジン会社)と持分法適用関連会社1社(AIQVE ONE)からグループを構成。子会社のモノビットエンジンは、オンラインゲームやVR開発に用いる通信ミドルウェア「モノビットエンジン」の開発を手掛け、同モリカトロ ンでは、AIを用いたソフトウエア品質保証サービスのシステム設計や研究開発を行なっている。直近の業績は2021年12月期売上高 12億9,130.5万円、経常利益 △1億7,452.6万円、純利益 △1億8,165万円だった。  

Data Base monoAI technology

© 2022 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top