Now Reading
M&Aマッチングサイト運営 M&Aサクシード、純損失△4億円、利益剰余金△15.3億円。累計譲渡検討案件1.6万件以上。ビジョナル子会社

M&Aマッチングサイト運営 M&Aサクシード、純損失△4億円、利益剰余金△15.3億円。累計譲渡検討案件1.6万件以上。ビジョナル子会社

ビジョナルのグループ会社で、M&Aマッチングサイトを運営するM&Aサクシードが発表した決算公告によると、2023年7月期(4期)の純損失は △4億100万円(前期△4億8,700万円)だった。利益剰余金は△15億3,300万円、総資産 2億9,800万円。

M&Aサクシードビジョナルのグループ再編により2020年2月に設立。法人・審査制M&Aマッチングサイト「M&Aサクシード」の運営を行う。M&Aサクシードは、譲渡企業と譲受企業をオンライン上でつなぐ法人・審査制M&Aマッチングサイト。2017年11月にビズリーチの新規事業としてサービスを開始。2023年9月時点、全国の譲渡検討案件は累計16,000件以上(掲載中3,100件以上)登録、利用中の譲受候補企業は9,100社以上に上る。

Data Base M&Aサクシード ビジョナル

© 2022 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top