Now Reading
インクルーシブ・ブランド 「IKOU」のHalu、総額1億円調達。トヨタ出身ママ起業家が世界で通用する「ものづくり」に挑む

インクルーシブ・ブランド 「IKOU」のHalu、総額1億円調達。トヨタ出身ママ起業家が世界で通用する「ものづくり」に挑む

“障がいのある子もない子も対象”をコンセプトにしたインクルーシブ・ブランド 「IKOU(イコウ)」の開発、製造を行うHaluが、プロダクト第一号となる乳幼児向け「IKOU ポータブルチェア」をクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE 」で3月4日より予約販売を開始する。開発資金として総額1億円をD4VNOWエバーセンスFGN ABBALabユニヴィスの4社を引受先とする第三者割当増資と金融機関からの融資で調達したことを24日、明らかにした。

IKOU ポータブルチェアは、体幹が弱い乳幼児のおすわりの姿勢をやさしく支える機能性に特徴を持つ、折りたたみ式のキッズチェア。大人用の椅子に簡単に設置できるほか、床置きでも使用可能。体の状態などに合わせて座面ごとリクライニングもできる。家の中はもちろん、キャンプやピクニックなど外出先でも使えるよう、デザイン性も追求。世界で通用するデザイン、品質を目指し、各分野のエキスパートたちからの協力を得て構想から3年、アイデアを形にした。

Haluは2020年4月に設立。トヨタ自動車で商品企画に10年間携わった経験を持つ代表の松本友理氏が、運動機能障害を持つ息子のケアとリハビリに専念する中で感じた社会福祉制度や障がい児とその家族を取り巻く環境の課題を解決すべく創業した。

「起業のきっかけとなったのは私自身の個人的な体験ですが、当事者の課題解決にとどまらず、社会全体にインパクトを与える規模のビジネスに育てることを目指していきます」(代表 松本友理氏)

Data Base Halu

© 2022 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top