Now Reading
ゲーム開発のオルトプラス、2Q営業利益△4.1億円赤字。新規リリースが無く、運営タイトル長期化など課金収入減少

ゲーム開発のオルトプラス、2Q営業利益△4.1億円赤字。新規リリースが無く、運営タイトル長期化など課金収入減少

ゲーム開発のオルトプラス<3672>が12日に発表した2022年9月期2Q連結の業績は営業損失が△4億1,100万円となり、赤字幅が拡大した。2Q(10月-3月)は新規タイトルのリリースや新規運営受託などが無く、加えて既存の運営タイトルの長期化などによる売上が減少が響いて減収減益。ゲーム事業の課金収入減少によるプラットフォーム手数料や支払ロイヤルティなどは減少したが、労務費や外注費の抑制が売上高の減少に追い付かなかった。今後は運営体制の見直し、コスト削減などを進め、周年イベントなどの施策による売上改善を目指す。また、収益改善が見込めないタイトルの早期サービス終了などを図る方針。

Data Base オルトプラス

View Comments (0)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

© 2022 TOKYO GEEKS. All rights reserved. 

Scroll To Top